新築一戸建て・リフォーム・不動産の夢工房だいあん

Home 新築 リフォーム 横浜市 注文住宅 SE構法

多樹の家 新築 リフォーム 横浜市 注文住宅 SE構法
多樹の家とは?
多樹の家のこだわり
多樹の家・オリジナル住宅   施工事例
お客様の声

SE構法 新築 リフォーム 横浜市 注文住宅
オーガニックハウスとは?
推奨構法 SE構法
施工事例

リフォーム 新築 横浜市 注文住宅 SE構法
施工事例
施工事例(リンク集)
お客様の声

だいぞーの耳 横浜市 注文住宅

インフォメーション 新築 リフォーム 横浜市 注文住宅 SE構法
会社概要・アクセス
お問い合わせフォーム
お問い合わせから完成まで
Daian news
コミュニティホールのご利用
おすすめリンク集

多樹の家のこだわり 新築 リフォーム 横浜市 港北区 都築区

  Home >> 多樹の家のこだわり

1. そもそもなぜ“木”なのでしょう?
そもそもなぜ“木”なのでしょう? 無垢の木を感じてください。

木は種類によって風合が違います。
色合い、杢目、光沢だったり・・・。 
それは、自然の恵みの成せる技。

木に反射した光は繊維との関係で目にやさしい光となって質感が演出されます。
その光はゆらぎをおりなし、人に自然の心地よさを感じさせてくれます。
また、木は紫外線を吸収し赤外線を反射させています。

それが刺激の少ない光となり、暖かさを感じる、由縁なのかもしれません。


これまで、時に内装材によって聞きづらかった現象を木はその複雑な繊維によって、低音、中音、高音を適度に吸収し、
特に耳に刺さるような波長の短い音を吸収するので、神経の高まりを抑え、聞きやすくなります。

木が持っている魅力
木の香りを、大半の人は「いい香り」と感じるはず。
それは樹木が発散する精油成分による芳香に、ストレスを解消し、
気分を爽快にする力があるからです。

また、木は鉄やコンクリートに比べ触ったときの暖かさ、柔らかさが特徴です。
素足で、素手でその感触を味わってください。

天然の素材であるが故、ひび割れや狂いや色の変化が生じ、
時にキズや汚れがつくかもしれません。
しかし、それは家族と共に過ごした歴史であり、一緒に生きてきた証でもあります。

そしてこれからも、共に育んでいくということなのです。
木が持っている魅力

木の特性について

温度調節・湿度調節効果があります
木は切られても、割られても、削られても温度・湿度の吸排出を行い、
さらに体内組織を再編成するかのように体質の転換をはかり長寿を準備します。

空気中の湿度が多いと吸湿し、少ないときは放湿し、湿度を調節するのです。

断熱効果があります
夏涼しく、冬暖かい。
木の断熱性能は断熱材に匹敵するほど優れた材料なのです。

木は体の冷えを防ぎ疲労感も少なく過ごしやすいというデータも得られています。
足から来る冷えは身体全体に影響します。

気持ちを落ち着かせる効果があります
室内の低周波音を吸収して神経の高ぶりをなだめ落ち着かせてくれます。

化学汚染物質がほとんど含まれておりません
ホルムアルデヒド等の化学汚染物質がほとんど含まれておりません。

・・・・なぜ“木”なのかは、もうおわかりでしょう。

そう・・・、木は健康と癒し、安らぎを与えてくれるのです。

2. 見せたくなる無垢の木。見えることの安心。
見せたくなる無垢の木。見えることの安心。 『多樹の家』では建物を支える柱、梁、壁、床という構造体を
ありのまま意匠に取り入れています。

それは家族を包み支えられている安心感にもつながります。

従来の家でよくある現象として怖いのが壁内の結露が上げられます。

結露は壁内にカビを繁殖させ、健康にも影響を与えます。
さらに繁殖条件の同じくする腐朽菌も繁殖し、構造体となる木を
ボロボロに腐らせてしまう原因になることもあるのです。

シックハウス症候群の原因と言われているホルムアルデヒドは建材の接着剤、塗料、防腐剤等に含まれています。
WHOの下部機関の国際がん研究機関では発癌性があると警告しています。

もちろん現在建築基準法では安全とされるホルムアルデヒドの発散量基準値を決められていますが、
全く“0”ということではありません。構造材をそのまま意匠(仕上げ)とし見せることで内装材の使用を減らし、
ホルムアルデヒドの発散を極力抑えることが出来ます。

地震に強い家!Jパネルを採用
地震に強い家にするために一部壁(耐力壁)には
“Jパネル”を使用しています。
阪神淡路大震災の教訓の元、木構造の強化を
進めるべくこのパネルが生まれました。

“Jパネル”は杉の構造用面材として初めての大臣認定を
受けており、乾燥させた国産杉の板を繊維方向が
直交するよう三層構造にし積層接着することで
強度に優れた杉パネルです。

また使われている接着剤はホルムアルデヒドを含まない
水性高分子-イソシアネート系接着剤を使用しています。
地震に強い家!Jパネルを採用

“Jパネル”は1枚で下地・構造材・仕上げ材を兼ねることが出来、コストダウンにもつながります。
また“Jパネル”は日本の森林を美しくするために間伐を行った杉を有効利用しています。

また、『多樹の家』ではこの“Jパネル”以外にも杉板を使用しています。

国産杉を積極的に活用するということは、産業の活性化はもとより、
環境・資源という広い視点で日本の森林をいきいきと循環させることにもつながるのです。 日本の風土で育った木で、日本の家を造る。そんな家を目指しています。

3. 環境への思いやり
環境への思いやり 『多樹の家』では2重断熱+遮熱を提案しています。

木の中でも暖かいとされる杉板に、保温効果抜群のネオマフォームを
重ねることで夏の暑さから、冬の寒さから
室内環境を守ります。

そして、赤外線放射率の最も低い特殊アルミニウム箔フィルムを
使用することにより、日射による侵入熱を大きく低減し優れた
遮熱性能を発揮します。

高断熱&遮熱とくると、今度は高気密24時間機械換気となりそうですが・・・
高断熱&遮熱とくると、今度は高気密24時間機械換気となりそうですが、自然な生活を提案する『多樹の家』では
無駄なエネルギーを使うことなく自然による通風をお勧めいたします。

木は呼吸しています。窒息しては困りもの。

東西南北・高低差を設けた窓をプランニングすることで、家の中に風を通す〜自然換気が行われます。
またその窓からそそがれる陽光は木によってやわらげられ木漏れ日のようにやさしく包んでくれます。

昨今の住宅建て替えは平均26年というデータがあります。イギリスでは75年。
日本は世界を見ても豊な国のはずなのに、1世代1軒家を建てていては・・・

スクラップ&ビルドの時代はもう終わりました。
住宅の質を高め、家族と共に成長するリフォームを視野に入れたプランニング、
きちんとしたメンテナンスを行えば、おのずと住宅の寿命は延びるのです。

「この家を残していきたい」・・・そう思える家を建ててみませんか?

多樹の家を見てみよう!

木の温もりを感じる「多樹の家」 新築・リフォームを神奈川県横浜市港北区の夢工房だいあん株式会社がご提案
木の温もりを感じる「多樹の家」 新築・リフォームを神奈川県横浜市港北区の夢工房だいあん株式会社がご提案 〒223-0058
神奈川県横浜市港北区新吉田東8-35-1

TEL:045-542-5410

Page top


 ◆Home
 ◆だいあんの家造り 多樹の家     多樹の家とは?多樹の家のこだわり多樹の家 施工事例
 ◆SE構法                  SE構法とは?
 ◆リフォーム                 施工事例
 ◆インフォメーション            会社概要・アクセスお問い合わせフォームお問い合わせから完成まで

COPYRIGHT(C)2010 夢工房だいあん株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.